但馬木彫
作家紹介・作品紹介
松田一戯
松田政斗
石田えいじ
松田京子
但馬木彫とは
徒然日記
リンク
HOMEへ
徒然日記
サックス
2021/02/03
 このところ注文の作品ばかり作っている。
このうさぎのサックスも新しくした。外見上姿はあまり変わらない。気付くのは作った自分だけだろうが…。自分の中では大きく変化した作品になった。

これも久しぶり
2021/01/30
 久しぶりと言っても昨年は2個も作っているかわんど”。それまで10年以上作っていなかった作品。それが去年はリクエストが2回もあった。こんな平和なのを以前は作っていたということを知らされた。
 そういえば子供の頃こんなヤスを持ってよく川に魚突きに入ったものだ。

久しぶりのマイファニーバレンタイン
2021/01/27
 音衛門の栗シリーズが終わってやっと、以前からの注文の作品マイファニーバレンタインにとりかかれた。久しぶりの作品だったので、色々な気付きをさせてくれた。まだまだ勉強の余地がある。つくづく木彫の世界の奥深さを思い知らされる。
 近頃、色塗りを始めるといつもウメが机の上に上がってくる。

干支の始まり
2021/01/22
 神様が先着順に干支を決めた話がある。ちゃっかりしているネズミは金の栗を持っていの一番に…。
絵画的な作品になった。こんなのもありだろう。

野良へ
2021/01/19
 長靴をはいた猫ならぬ、牛を考えた。
長靴をはかせたことで絵になった。栗岩を掘り起こしたところ。

鬼滅の刃風
2021/01/16
 鬼滅の刃というアニメがえらく流行ったらしいので作らねば、と考えた。
少し見た感じでは、そう面白いものではなかった。これに騒ぐ世の中の方が薄っぺらいものに思えた。
しかし作らねばならない。緑と黒のテェック柄のはんてんを着せただけだが…。

栗丼
2021/01/11
 牛丼ならぬ栗丼を考えた。
今回一番の作品になるかもと、思いついたその日に吉野家へ。丼のデザインをパクった。

仕事始め
2021/01/05
 音衛門、昨年の残りから始まった。
暗いニュースの中で光ったのは、はやぶさ2、とんでもない技術力を見せつけた。これだけの力があればコロナなど日本だけでも何とかなりそうなものだけど。

大雪
2020/12/31
 大晦日に大雪は珍しい。それでも晴れてくれたので何となく嬉しい。
前日、音衛門にもらったワラの亀も飾った。さあ正月だ。

.
.
.


前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -

ホームページの画像およびテキストの著作権は「但馬木彫」にあります。
無断転用を禁じます。
Copyright(C) TAJIMAMOKUTYOU. All Rights Reserved.
問い合わせ