但馬木彫
作家紹介・作品紹介
松田一戯
松田政斗
石田えいじ
松田京子
但馬木彫とは
徒然日記
リンク
HOMEへ
徒然日記
大雪
2017/01/24
 久しぶりの大雪。今季初の降雪が大雪になった。
そしてどんどん降り積もって60cmになった。あたり一面まっ白で、それはそれきれいなものだが雪捨てに追われる。

神鶏春来
2017/01/17
 今年の音衛門の作品の中から生まれた鶏の形。
栗山を春の山に変えて「神鶏春来」とした。もう春を待ちたい気分だ。

最後の酉L
2017/01/12
 これで13ケ目。前にカワセミを作ったので、最後はフクロウでと栗の上で楽しげなフクロウを作った。
色塗りの段階で栗色というのも味気ない気がして、急遽春色にした。題は゛春の種”「春を待ちわびて」と今の自分の気持ちを写したものにした。
これも酉、店先に置くのもいいんでないかい。この五点を送ってやっと私に正月が来た。

カワセミK
2017/01/11
 トランプで白頭ワシを作ったら、ニワトリで干支の酉を考えるのがわずらわしくなった。
そこで春を願って、久しぶりにカワセミを作った。どこが栗かといえば、川の流れの中から出た岩を栗模様にした。題は“水面”春を待つとした。久しぶりのカワセミはなかなか気持ちよく仕上がった。

おだやかな正月のあと
2017/01/10
 孫も帰って来ない静かな正月が過ぎ、孫の替わりに騒がせてくれるのが一匹。冬なのに黒い長いものを持って帰ってくる。どこから捕ってきたのかカラスヘビ。例によって梅は得意気。
暖かい冬とはいえ、これでヘビも2匹目。我家の周りの生き物にとってかなり危険度が上がったようだ。

トランプJ
2017/01/08
 去年の暮れから今年の初めにかけて世界のゆううつになりはじめているのが、この男トランプ。
なまじ大きな権力を持っているから始末に悪い。世界の企業が戦々恐々である。
それにしてもアメリカの人はアホばかりだ。どんな年になるのか。酉年なので作らにゃならんだろうということで白頭ワシ。アメリカの象徴の鳥。目を青くして赤いネクタイ。カードは栗のA♪ハートのAが出て来ない♪と副題。私しゃキャンディーズ世代。地に落ちた星条旗が気にかかる。

音衛門酉I
2017/01/06
 神様のように福々しい酉を作った。
太っていてまるで栗の形。上からみる顔のアップは笑える。台の形も栗のようにカットして栗山とした。
題して栗山の福の神″ちょっと面白い。

お正月
2017/01/04
 今年は2人と二匹だけの正月。
どこにも行く必要もなく、まったく静かな正月になったが、仕事は年越しをしてしまったものがある。
音衛門の酉9ケ目は栗を回しているニワトリにした。
オ正月ニハ タコ上ゲテ 栗ヲマワシテアソビマショ♪”と彫った。
接着剤で固めたコマのヒモがなかなか効いている。題はお正月”
私の子供の頃の正月遊びはこれと、ゴム動力で飛ぶ飛行機くらいだった。

栗酉6・7・8
2016/12/27
 ムチャ振りも極まれり。
トリの大黒天とえびす天を作った。風見鶏を鐘の上にとまらせて、なんとか8ケ、あと5ケ。
年内にできるのはこれだけ…。他の酉も作らにゃならん。年内に間に合うか?

栗酉5
2016/12/16
 ヤタガラスならぬヤタドリを作ったことで、カラス天狗ならぬ鶏天狗を作るはめになった。
゛栗山参上”こんな難しいのは煮つまった証拠。酉は難しい。


前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -

ホームページの画像およびテキストの著作権は「但馬木彫」にあります。
無断転用を禁じます。
Copyright(C) TAJIMAMOKUTYOU. All Rights Reserved.
問い合わせ