但馬木彫
作家紹介・作品紹介
松田一戯
松田政斗
石田えいじ
松田京子
但馬木彫とは
徒然日記
リンク
HOMEへ
徒然日記
とうとう年越し
2018/01/06
 13態目はとうとう年越しになってしまった。
どう転がっても出てこない。新年になって犬にこだわらない様にと考えた。
そこで狼のような犬が遠吠えをする形を思いついた。栗山を舞台に山の王の如く゛山王吠える”

初舞い
2017/12/30
 あと2ケ。リミットの正月を目前に獅子舞いを思いついた。どこに栗をと考えて獅子の布に栗を書いた。あとひとつは年を越えた。

王手!僕も香香!!
2017/12/27
 ここまで9点あと4点。ここで時事物をと考えた。
この年、世をにぎわせたものは藤井聡太、中学生棋士と、パンダの香香。
手に栗を持たせて王手!パンダの着ぐるみを着た犬、僕も香香!!この2ケは年内に届けと宅急便。

犬恵比須
2017/12/22
 大黒天を作れば恵比寿天。タイを差し上げたニューバージョン。
とりあえずこの4ケを二度目の納品とした。

犬大黒
2017/12/18
 いつものように大黒天を作った。今回は唐草模様の服にした。

雪山遠望
2017/12/15
 ある意味これが新境地。雪の栗山の山頂を見ている犬。
形的に本当は2本足で立たせたかったが、技術的に不可能と判ったので四つ足の柴犬の形にした。

栗山登頂
2017/12/10
 第一回目の納品のとき、音衛門さんの趣味が山登りに変わった事を知った。
そこで栗山の山頂に立った犬を作った。少しレトロなナップザックとピッケル嬉しそうにピースサイン。

5番目、鐘の音
2017/11/28
 何も考えつかないので、しかたなしに鐘の音の形を使うことにした。
横笛を吹かせた。ここまでが第一回の納品となった。

3番目4番目、栗の上にも三年、金栗降臨
2017/11/24
 3番目は栗の上で座禅を組んだもの。4番目は金の栗を持っている着物を着たもの。春らしい色の着物にした。結局これが音衛門の年賀状に使われた。

今年も音衛門は13点
2017/11/20
 とりあえずレギュラーの干支の形を栗の上に置いた。
2番目はこれもレギュラーの小さい形の犬を栗の上へ。
栗の上にあるからと何か意味を成すわけではないが、なにせ13点、先は長い。


前ページTOPページ次ページ

- Topics Board -

ホームページの画像およびテキストの著作権は「但馬木彫」にあります。
無断転用を禁じます。
Copyright(C) TAJIMAMOKUTYOU. All Rights Reserved.
問い合わせ